いまこそキミの個性や感性が必要とされる時代。

「デザイン力」と「思考力」としてのファッション・テキスタイルデザインに取り組みます。社会におけるさまざまな視点からテキスタイルの役割を考え、 豊かな感性と創造力に基づく芸術表現を実現するために、 構想と素材・技術の関係を学びながら作品制作します。 染織文化や現代芸術へ考察を深めて造形表現に反映させ、 ファッションデザイナー、アーティスト、テキスタイルクリエーターなどを目指します。

カリキュラム

履修モデル

専門科目

1年次
前期 後期
陶芸基礎
ファッションイラストレーションA
テキスタイルデザイン基礎
ファッションイラストレーションB
織A(基礎)
パターンメイキング Ⅰ
金工・アクセサリー基礎
2年次
前期 後期
テキスタイルデザインA(応用)
ファッションビジネス演習
金工・アクセサリーA(シルバーリング)
織B(表現)
パターンメイキング Ⅱ
トンボ玉
卒業研究
金工・アクセサリーB(七宝)
テキスタイルデザインB(表現)

ピックアップカリキュラム

織A(基礎)
アパレルファッション基礎
アパレル資材や縫製の基礎知識を学びながら、服作り工程の実習を行います。
テキスタイルデザインA(応用)
テキスタイルの素材研究を軸にシルクスクリーンなどの技法を用いて染色制作の工程を学びます。

在学生インタビュー

舟越 かれん

福岡県・九州産業大学付属九州高校出身

頭の中のデザインを実習で洋服として形にするのが楽しいです。ファッションイラストの授業では、体のバランスや生地の質感の表現などについて学び、少しずつ専門性が養われていると実感しています。

授業風景